脇の黒ずみ、もうコワクない!クリームで簡単解消法バッチリおしえます♪

HOME » なんでも聞いて!脇の黒ずみの原因Q&A » なんで脇って黒ずんでしまうの?

なんで脇って黒ずんでしまうの?

女性なら気になる脇の黒ずみ。なぜ黒ずんでしまうのか、その理由とは?ここではふたつの型について解説しています。

脇の黒ずみはくすみ型とボツボツ型の2種類

ひと口に脇の黒ずみと言っても、脇の毛穴がブツブツしているタイプと、脇の皮膚自体が黒ずんで見えるタイプのふたつに分かれます。

それぞれをブツブツ型とくすみ型と呼びますが、どちらの状態にもなっている混合型の方もいます。

黒ずみの種類によって、原因や対策も違ってきますので、自分の悩む黒ずみはどちらなのか先ず知ることが大切です。

ブツブツ型の黒ずみの原因

ブツブツ型の黒ずみは、毛抜きによる処理が大きな原因だと言われています。

おもに毛を抜いてしまったことが理由で、毛穴が盛り上がりブツブツとしてきてしまうのを体験している方も多いでしょう。

その理由は、脇の毛は普通の毛よりも深く、脇の皮膚は普通の皮膚よりも繊細なためで、他の部位の毛を抜くよりもダメージが大きくなってしまい、皮膚が傷んでしまうのです。

つまり、毛を引き抜いたことによる刺激で、お肌が炎症し、色素沈着が起きてしまい、黒ずむということ。

また、埋没毛(毛穴に毛が埋もれている状態)が生じることにより、入り込んだ毛が皮膚を押し上げて、ブツブツ状態になることもあります。

毛抜き以外にも、毛穴の汚れが詰まって脇がブツブツする人もいます。ちょうどイチゴ鼻がブツブツしているのと同じ原理です。

脇の毛穴は広いので、そこに汚れが詰まりブツブツしてしまうのです。

くすみ型の黒ずみの原因

お肌自体が黒くくすむのは、皮膚表面に原因がある場合が多いと言われています。

摩擦による刺激は、日常普通に生活していても生じてしまうもの。身体を洗う時や腕を動かす時でさえ、脇の摩擦は起きています。

ですから、仕事柄、脇をこするような動きをする機会が多い方は黒ずみやすいでしょう。

摩擦の次に原因として挙げられるのは、乾燥によるダメージ。

脇の乾燥と聞くと、意外に感じるかもしれませんが、実は脇が乾燥している人は結構多いのです。

乾燥してしまうと、肌は外的刺激が強く感じてしまうので、皮膚を守ろうとする防御作用から、肌は厚みを増します。

それが、くすみの原因となってしまうのです。また、剃毛によるムダ毛の自己処理するときに間違った剃毛をしてしまうと、お肌を無駄に傷つけてしまい、小さな傷の炎症から、色素沈着に至って黒ずみの原因ともなります。

このように脇の黒ずみは、肌にあるメラニン色素が有害なものから身を守るために過剰発生して、色素沈着を起こしてしまうという作用なのです。

日焼けをした時に肌が黒くなるのは、メラニン色素が発生し、日光に含まれる紫外線から身を守ろうとした結果です。

脇の黒ずみもメカニズムは一緒。日焼けだけではなく、物理的刺激によっても活性化してしまうのです。

pagetop
ワキキレイ復活!クリームほか脇の黒ずみ解消法とことんガイド