脇の黒ずみ、もうコワクない!クリームで簡単解消法バッチリおしえます♪

HOME » なんでも聞いて!脇の黒ずみの原因Q&A » どうしたら脱毛の黒ずみを防げるの?

どうしたら脱毛の黒ずみを防げるの?

ムダ毛の処理が脇の黒ずみの原因になるって本当?脱毛が肌を傷める理由について解説します。

間違った自己流のムダ毛処理が脇を傷める

おしゃれな女性の生活習慣として、ムダ毛のこまめな処理をする方は多いと思いますが、本当は頻繁にムダ毛処理をすることは控えたほうがいいのです。

特に、脇のムダ毛は自宅で剃ったり抜いたりといった自己処理で済ませているあなた、ずっと自分で処理しているとワキが黒ずんでくる危険性があるって知っていましたか?

自己処理でムダ毛を手入れしていると、実は自分で思っている以上に肌にはダメージが蓄積しているのです。

何も気にせず、ムダ毛の処理を自己流で行っていたら、気づいたときにはワキが黒ずんでいた…なんていうこともあるのではないでしょうか。

自分で抜く、剃るなどの処理は、なんのケアもしない場合が多いため、肌への刺激が強く、ダメージも大きいのです。

くわえて、ムダ毛は自己処理してもすぐに生えてきてしまいます。

そこで頻繁に抜いたり剃ったりすることになるのですが、それが肌にとって日常的な強い刺激が引き金となり、色素沈着を起こしてしまうのです。

人間の皮膚は強い刺激を受けると防衛本能が働きます。外部刺激から身を守ろうと、メラニンの活動が活発になり、メラニンが色素沈着を起こし、黒ずみを招くのです。

また、カミソリはムダ毛だけでなく、皮膚の表面の角質層まで削ってしまいます。

皮膚の表面を削ると、同時に皮膚には無数の傷ができ、肌トラブルの原因にもなってしまいます。

カミソリで剃るより最も危険とされる自己処理は、毛抜きでの処理。毛を抜くことで毛穴が広がり、雑菌が侵入する危険性が高まります。

その結果、炎症といった肌のトラブルが生じて、色素沈着を起こすこともあります。

それでも自己処理でムダ毛処理を続けたいというのであれば、肌を傷つけるカミソリや毛抜きではなく、黒ずみにくいといわれる電動シェーバーを活用し、正しい剃毛処理をすることが大切です。

正しい剃毛処理とは

何度も記しましたが、カミソリなどでムダ毛を剃るのは、ちょっと間違ったやり方をすると、すぐに肌を傷つけてしまいます。それでも気軽で一番選ばれる処理法なので、突然「ダメ」といわれても困るかたも多いでしょう。

どうしても脇毛の処理に剃毛方法を選ぶのであれば、正しい剃毛方で優しく行ってください。

まず、腋毛を剃る際には、身体を温めることが大事なので、お風呂などで毛を柔らかくします。そして、ワキを石けんやボディソープで洗い流して清潔にすることも忘れないでください。

さらに、水分をふき取ってから、ボディクリームや脱毛クリームをたっぷりと塗布しましょう。

剃るときには、電動シェーバー(フェイスシェーバー)で優しく剃ります。

最後は毛と一緒にクリームを拭き取り、その後しっかり保湿します。

シェーバーの刃は必ず切れが良いものを使うことが大切で、毎日剃毛するのはNGですので気を付けてください。

また、ブツブツ型の黒ずみの場合、皮膚を傷つける恐れがあるので剃毛クリームがオススメです。

ただし、乾燥肌の場合は、お肌が傷んでしまい、さらに黒ずむ危険性があるので、使用しないでください。

脱毛での黒ずみを改善するには?

一番肌に負担がかからないのは、自己処理を止めてしまうこと。

では、どこで脱毛すればよいかといえば、キレイに処理できるうえ、美肌効果も期待できる、クリニックやサロンでの脱毛がオススメです。

とはいっても、決して安くはない料金を支払わなければなりませんから、続けるのは厳しいという方もいるでしょう。

そういった方は、黒ずみを改善するクリームやジェルなどを活用し、日々のケアを大切にしてくださいね。

pagetop
ワキキレイ復活!クリームほか脇の黒ずみ解消法とことんガイド