脇の黒ずみ、もうコワクない!クリームで簡単解消法バッチリおしえます♪

HOME » なんでも聞いて!脇の黒ずみの原因Q&A » 結局どの黒ずみ解消法がいいの?

結局どの黒ずみ解消法がいいの?

黒ずみには、「ぶつぶつ型」と「くすみ型」、どちらも併発している「混合型」があります。タイプ別に解消方法をご説明します。また、一番手軽で効果も期待できるオススメの方法とは。

黒ずみタイプ1・ぶつぶつ型

そもそも黒ずみの原因はメラニン色素の保護機能です。メラニン色素は有害なものから、身を守るときに発生します。

黒ずみ、ぶつぶつ型の原因を以下にまとめてみました。

<ぶつぶつ型の原因>

・ピンセットでの毛抜き処理…無理に毛を引き抜くことで、肌へダメージを与え、肌の保護反応から色素沈着を起こします。毛を引き抜いたときに、薄い皮膚のかさぶたができ、毛が埋もれてしまう、埋れ毛の存在によって、ぶつぶつとした肌が生まれてしまいます。

・詰まった汚れ…毛穴に汚れが詰まることで、肌に凹凸ができ、ぶつぶつとした状態に。消臭スプレー、消臭クリーム、また肌の新陳代謝が上手くいってないこともつまりの原因として考えられます。

<対処方法>

○除毛処理、電気シェーバーかエステやサロン

除毛処理をする方法として、ホームケアなら電気シェーバー、肌へのダメージを考えるならエステやサロンで脱毛処理を行いましょう。

○埋れ毛はほじくり出さない

肌を傷つけ、同じところに埋れ毛を発生させます。

○埋れ毛にスクラブ

古い角質を除去し、毛が自然に皮膚の外にでるように促す。週1回程度がよさそう。(スクラブについては、「脇の黒ずみなんでもQ&A 」→「その他、スクラブと黒ずみ」に記載)

○ぶつぶつ汚れはクレンジングオイル

メイク落としのクレンジングオイルが毛穴のぶつぶつ汚れを取り除いてくれるかも。湯船に浸かり、毛穴を開かせ、水けを拭きとってから優しく滑らせる。週2,3回程度。

黒ずみタイプ2・くすみ型

黒ずみ、くすみ型の原因を以下にまとめてみました。

<くすみ型の原因>

・摩擦…身体を洗う、脇を擦るような動作でもくすみを生じさせます。

・乾燥…乾燥状態も肌にとっては異常のサイン。肌を守ろうとメラニンに刺激し、くすみを生みだします。

・カミソリでの脱毛処理…カミソリでの除毛は、肌を痛めつける行為になりかねません。その刺激がくすみを生じさせます。

<対処方法>

○電気シェーバーか、エステやサロン

除毛処理をする方法として、ホームケアなら電気シェーバー、肌へのダメージを考えるならエステやサロンで脱毛処理を行いましょう。

○保湿

摩擦や乾燥を防ぐために、保湿を行う。ボディオイル、ボディクリームを使用。化粧水で水分を浸透させるとより効果的かもしれません。

○美白の基礎化粧品

美白化粧品には、メラニン色素の生成を抑えるものが含まれているものや、さらには作られてしまったメラニン色素に働きかけ、色素沈着を和らげるものもあります。

○週1のピーリング

お肌の代謝が上手くいっていないなら、ピーリングで角質を落とし、ターンオーバーを促進させる。(手軽な重曹ピーリングについては「脇の黒ずみなんでもQ&A」→「 その他、重曹と黒ずみ」に記載)

黒ずみにも様々な原因があり、それに対応した方法で対処することが、黒ずみ解消の近道かもしれません。

お手軽&お手頃なホームケアがいちばん!

スクラブや重層等を使った黒ずみ対策や、エステ&クリニックでの治療などについてご紹介してきましたが、実は一番オススメなのは、ボディ専用の化粧品を使った自宅でのセルフケア。

美白や保湿効果が高いボディ用のアイテムは、デリケートな肌にも使えるようにこだわって作られているものが多いですし、最近は美容成分を贅沢に配合している商品が多くなっていますから、効果もかなり期待できます。実際にエステで使われている、本格派のボディコスメもあるんですよ。

しかも、毎日のバスタイムやお風呂上がり、就寝前のスキンケアタイムで使いやすいよう、テクスチャーや容器などに工夫を凝らして作られているのもポイント。黒ずみ改善には、効果が現れるまでにそれなりの時間がかかりますから、ケアを続けやすいかどうかも重要なのです。

エステやクリニックに通うほどの金額もかかりませんし、重曹をお水で練って…といった手間もかかりませんから、いちばんお手軽で手っ取り早い方法がボディ用コスメを使ったセルフケア、というわけです。

おうちでケアできる
脇の黒ずみ対策でオススメのクリームを今すぐチェック!

pagetop
ワキキレイ復活!クリームほか脇の黒ずみ解消法とことんガイド