脇の黒ずみ、もうコワクない!クリームで簡単解消法バッチリおしえます♪

HOME » なんでも聞いて!脇の黒ずみの原因Q&A » ブツブツもできているけど関係ある?

ブツブツもできているけど関係ある?

気づくとできている脇の下のブツブツ。なぜできてしまうのか、その対策方法など、気になる情報をまとめています。

脇の下にできるブツブツとは?

ワキの毛穴トラブルのひとつに、鳥肌のような状態の“ぶつぶつ毛穴”があります。

このぶつぶつができる原因は、主に次のことが挙げられます。

  • 毛抜きによる脱毛
  • カミソリによる脱毛
  • 皮脂汚れの放置

まずは毛抜きによる脱毛です。毛抜きを使って思い切り腋毛を抜くと、毛穴やその周囲の肌が傷つき、そのことで毛穴自体がふさがれてしまうことがあります。さらに毛まで巻き込み、皮膚で埋もれて「埋没毛」となり、黒いぶつぶつになってしまうのです。

カミソリによるケアも要注意。切れ味の悪いカミソリで剃ったり、剃り方を間違えることで、デリケートな肌がカミソリ負けしてしまいます。そこに炎症が起き、「毛包炎」と呼ばれる赤いぶつぶつができるのですが、これは、肌が傷ついたところから細菌が入り込むことで起こる症状です。

また、皮脂や汚れを放置すると、白っぽいニキビのようなブツブツや、黒っぽいブツブツができることがあります。白いブツブツは皮脂が溜まったもの、黒いブツブツは皮脂やファンデーションなどが酸化した、「汚れ」が詰まったものです。

実は、制汗剤も微粒子であるため毛穴をふさぎ、結果的に汚れを溜める手助けをしてしまいます。だから、多用するとぶつぶつができやすくなる原因となってしまうわけです。

ワキの下のブツブツを防ぐ方法

ワキの下のブツブツを防ぐには、第一にムダ毛の自己処理を正しい方法で行うことが大切です。

毛抜きで抜くときは、毛穴が閉じた状態で抜かないようにします。

これが、毛抜きを使うときに一番大事な注意点です。毛穴を開くためには、ホットタオルを使ったり、入浴したりして脇を事前に温めると効果的です。

抜いた後は保湿ケアの大切。忘れずに保湿してあげてください。

カミソリを使う場合には、ワキを剃る前にクリームなど保護して、摩擦を防ぐようにすると良いでしょう。

カミソリでの正しい処理の方法は、まず毛の流れにそって剃ります。剃り残ってしまったら、その部分だけ、やさしく逆剃りしてください。

剃った後は保湿だけでなく、汚れや皮脂、角質などが残らないように気を付け、きちんと洗って肌を清潔に保つようにしましょう。。

ただし、単純に洗えばいいというものでもありません。間違った洗い方をすると、トラブルの原因にもなりかねないので注意が必要です。

石けんやボディーソープは十分に泡立てて、たっぷりした泡をつかい、決してこすらず、なでるようにやさしく洗うことが大切です。

脇の黒ずみやぶつぶつの正体は、実は皮脂のかたまりで、毛穴から出てきたもの。皮脂は体表に出てくると黒くなりますが、これは酸化しているためです。さらに、外部の汚れや汗が、皮膚の表面で皮脂と混ざってしまい、固くなるのです。

一度固くなった毛穴の皮脂はそのままの状態では溶けることがなく、ブツブツとした状態で残ります。

この状態から脱するために大事なことはふたつ。皮脂の詰まりを取ることと、その後のケアで、皮脂が溜まりにくい状態をずっと保つことです。

この黒ずみとぶつぶつは、一度生じるとなかなか改善できません。正しいケアを心がけて、黒ずみとぶつぶつができにくい肌をつくるようにしましょう。

pagetop
ワキキレイ復活!クリームほか脇の黒ずみ解消法とことんガイド