脇の黒ずみ、もうコワクない!クリームで簡単解消法バッチリおしえます♪

HOME » 脇の黒ずみの4大原因とは » 制汗剤の使い過ぎ

制汗剤の使い過ぎ

夏場は特に頻繁に使用してしまう制汗剤。これによって脇の肌トラブルが引き起こされるって知っていましたか?

制汗剤の多用によって起こる脇の黒ずみについて解説してみたいと思います。

制汗剤によって脇の下に角質汚れがたまる?

脇の下はもともと汗腺が多く、皮脂や汗の分泌が盛んな部分。古い角質や汚れが溜まりやすい箇所でもあります。古い角質にはメラニンが含まれていますので、脇の下は全身の中でも色素沈着が起こるリスクが高い部分と言えますね。

そんな脇の下へ、汗やニオイが気になるからといって、1日に何度も頻繁に制汗剤を吹き付けていたらどうなるでしょう。

制汗剤の中でも特に、パウダースプレータイプのものは、粉で汗腺にフタをするという、割と原始的な仕組みで汗を抑えています。フタをされた汗腺や毛穴は、汗の分泌が抑えられると同時に詰りを起こしてしまうことは明白ですね。

ただでさえ角質や汚れが溜まりやすい部分へ、さらに汚れの元となってしまう制汗剤を何度も塗り重ねてしまうと、毛穴の詰まりや古い角質の蓄積が進み、肌が正常にターンオーバーする機能が低下してしまいます。

新しい皮膚の細胞が生まれにくくなって、ドンドン悪循環へ…。黒ずみやブツブツ、肌荒れを引き起こしてしまうわけです。

制汗剤に含まれる重金属が肌のダメージにつながる

制汗剤には、汗とニオイを抑えるという効果を高めるため、お肌にとっては負担となる成分が含まれていることがあります。

汗を抑える作用のある収れん剤の中には、酸化アルミニウムなどの金属塩が含まれていますし、殺菌成分として銀などの重金属が用いられている商品もありますね。

それらの金属類は、それだけで人体に悪影響を与えるという事実はありませんが、多用することで肌への負担となってしまう可能性は否めません。少なくとも、健康な皮膚の栄養となる成分とはいいがたいものですし、できるだけ肌につけすぎないのがベター

肌表面の刺激となってしまうだけではなく、毛穴の詰まりを起こして、肌トラブルの原因となることもあるのです。

汗パッドやワキ汗用インナーでカバーしよう

「黒ずみだけじゃなく、ワキ汗やニオイが気になる私はどうしたらいいの…」という方には、汗パッドやパッド付きのインナーなどで脇の下をカバーする方法をおすすめします。

最近は、衣服の脇の部分に張り付けるものやひっかける使い捨てのパッド、洗って何度も使えるものなど、多種多様なワキ汗対策商品が販売されています。

元々は、借り物の洋服に汗染みを作らないよう、スタイリストさんが工夫していたことで進化したワキ汗パッドですから、外見からはつけていることが分からないものが多く、ズレないように下着に固定するものや、保冷剤を入れるポケットがついているものなどもありますよ。

さらに、タンクトップやキャミソールに、最初から汗パッドが装着されているワキ汗対策インナーも登場しています。

ただし、汗パッドはできるだけ肌に優しい素材のものを選ぶこと。摩擦で肌の刺激となってしまっては、元も子もありません。

脇の黒ずみケアアイテム活用がオススメ!

制汗剤によって黒ずんでしまった脇には、黒ずみケア専用のアイテムがオススメです。

皮膚科への通院という手もありますが、時間や費用の面で見るとかなりの負担となることは間違いありません。「脇のことを相談するのはちょっと…」という気持ちがある方も多いのではないのでしょうか。

そんな中、自宅で簡単に使えるクリームタイプの黒ずみケアアイテムがあることをご存じですか?

このサイトでは、お手軽な費用で脇の黒ずみを簡単にケアできるオススメのクリームを紹介していますので、是非チェックしてみてください。

pagetop
ワキキレイ復活!クリームほか脇の黒ずみ解消法とことんガイド