脇の黒ずみ、もうコワクない!クリームで簡単解消法バッチリおしえます♪

HOME » 脇の黒ずみの4大原因とは » 衣服による摩擦

衣服による摩擦

脇の下に黒ずみを作ってしまう原因として、最後に挙げられるのが摩擦による肌への刺激です。

肌の表面をこすってしまうことで起きる肌トラブルについて考えてみましょう。

脇の下を襲う摩擦とムレ!肌は常に過酷な状況で耐えている

普段、私たちの脇の下は、衣服や下着で覆われていることも多く、腕を動かすたびに肌の表面をこすってしまっているのが現状です。

しかし、医学的に見ると、脇の下の皮膚は意外と薄くデリケートな部分だと言われているそう。だからこそ、太いワキ毛が生えて薄い皮膚を守っているのだとか。

そうとは知らず、私たちはワキ毛を“ムダ毛”と呼んでせっせと処理し、わざわざ皮膚を傷つけているのです。

そして、毛がなくなってしまった脇の皮膚は、汗を発散させることもできなくなりますし、覆うものが何もない無防備な状態で外的な刺激に耐えています。

脇の黒ずみは皮膚の防御策

脇の下の皮膚はストレスフルな状況に耐え、自らを守るための防御策のひとつとして、黒ずみや角質の肥大を起こしているという説があります。

ワキ毛を処理することで傷ついてしまった薄い皮膚は、下着の締め付けや洋服による擦れ、汗のムレや制汗剤の刺激といった物理的な刺激をさらに受けることになります。

これらの刺激を受けると、肌は自然に備わった能力によって自らを守ろうという防御反応に出るのだとか。

メラノサイトのメラニン過剰生成や、角質の肥厚もその現象のひとつと言われているのです。私たちが悩んでいる肌トラブルの原因は、やはり自分たちが作り出してしまっているんですね。

締め付けと乾燥は肌トラブルを増大させる

脇の下以外にも、黒ずみが気になる部分として挙げられるのは、ビキニラインやバストトップなど。それらの共通点は、皮膚が薄いデリケートな部分であることと、摩擦の刺激が多い箇所であることです。さらに乾燥が起こりやすい部分であることも関係しています。

下着による締め付けや摩擦は、皮膚表面に物理的な刺激を与えて防御反応のスイッチを入れてしまい、そこへ乾燥が追い打ちをかけて肌トラブルが発生します。

黒ずみやザラつき、カサつきなどの肌荒れを起こさないためには、締め付けの強い下着や洋服の着用は避け、常に保湿ケアを行うことが重要

ボディも顔と同じように傷つきやすい皮膚でできていることを自覚して、顔と同様にいたわってケアしてあげることが必要なのです。

脇が黒ずんでしまった場合は…?

いくら保湿ケアを意識していても、脇が黒ずんでしまった場合はどうすればいいのでしょうか?

皮膚科への通院や、化粧水でのケア方法が一般的ですが、オススメはズバリ、脇の黒ずみケア専用クリームです。クリームなら保湿も同時に行えて、自宅でサッと塗るだけなので手間もかかりません。

当サイトでは、予防とケアを同時に行えるオススメのクリームを紹介しています。中には返金保証付きのものもありますので、一度お試しになってみてはいかがでしょうか?

pagetop
ワキキレイ復活!クリームほか脇の黒ずみ解消法とことんガイド