脇の黒ずみ、もうコワクない!クリームで簡単解消法バッチリおしえます♪

保湿成分をチェック

肌の保湿は黒ずみの解消にも効果的です。ここでは代表的な保湿成分について紹介します。

三大保湿成分の特徴とは?

保湿成分として多くの化粧品などに配合されているので有名なものは、「セラミド」、「ヒアルロン酸」、「コラーゲン」の3つです。みなさんも聞いたことがあると思います。

それぞれの特徴はさまざまで、その特徴によって、作用も異なってきますので、ぜひチェックしてみてください。

セラミド

「セラミド」は、角質層で細胞を結びつける働きがあり、皮膚内の内部に水分をとどめておく水分保持力にすぐれています。

また、角質のバリア機能として、外部刺激から肌を守ります。

肌のターンオーバーを促す作用にも優れており、アンチエイジングにも有効な成分です。

ヒアルロン酸

「ヒアルロン酸」は、1gで6リットルの水分を保持するという高い保水能力をもっています。

肌の真皮は、コラーゲンやエラスチン、保水機能を持つムコ多糖類で構成されており、ヒアルロン酸はこのムコ多糖類の一種です。

なかでもヒアルロン酸は特に保水力に優れた成分とされており、年齢ともにヒアルロン酸が減少し保水力が低下すると、肌は乾燥し、シワやたるみの原因となってしまいます。

乾燥によるシワは、肌の黒ずみ原因にもなるため、黒ずみ対策には非常に大切な役割を果たします。

コラーゲン

化粧品界では「保湿の王様」と言われていますが、肌になかなか浸透してくれない成分でもあります。

ですから、コラーゲンを配合しているだけでは、一時的な表面の保湿しかできません。

コラーゲンは単体での使用では効果が現れないため、コラーゲンの生成をサポートする他の成分と一緒に配合しているものがほとんどです。

その他の保湿成分

これらの“三大保湿成分”のほかにも注目されている保湿成分として、「エラスチン」があります。

エラスチンは、コラーゲンやヒアルロン酸同様、肌の真皮を構成しております。

ただ残念ながら、「エラスチン」単独で効果が現れるというものではありません。特に「コラーゲン」のサポート役として力を発揮します。

また、「ヒアルロン酸」や「コラーゲン」との関係性が高く、3つの成分が一緒に配合されることにより、より高い保湿効果が得られます。

pagetop
ワキキレイ復活!クリームほか脇の黒ずみ解消法とことんガイド