脇の黒ずみ、もうコワクない!クリームで簡単解消法バッチリおしえます♪

美白成分をチェック

気になる脇の黒ずみを解消する美白成分についてピックアップし、解説しています。

脇の黒ずみに効果的な美白成分とは

脇だけでなく、バストトップやデリケートゾーンなど、黒ずみの気になる場所に使いたい美白成分を含んだ化粧品。

ここでは、どのような成分があるのかをご紹介していきましょう。

トラネキサム酸

いま、もっとも注目されているのは「トラネキサム酸」ではないでしょうか。

一般の化粧品ではあまりみかけないかもしれませんが、医薬部外品として指定されている成分で、クリニックでの美白ケアでも使われている、効果の高いといわれる成分といえます。

「トラネキサム酸」はアミノ酸の一種で、メラニンの生成を抑える働き、炎症を抑制する働き、肌荒れを改善する作用などがあると言われています。

メラニンが生成されるのを抑えつつ、肌の炎症を抑える作用を併せ持っている美白成分として、近年、化粧水や美白美容液などにも配合されていることが多くなってきました。

「トラネキサム酸」は、以前から止血目的で医療現場ではよく使われてきた成分で、比較的安全性が高く、副作用がないので初心者でも安心して使用できます。

⇒ トラネキサム酸の配合された脇の黒ずみ解消クリームはどれ?

ハイドロキノン

肌の漂白剤ともいわれる「ハイドロキノン」は、黒ずみの原因となるメラニン色素を作る酵素「チロシナーゼ」を抑えます。

ただ刺激が強いため、濃度によっては皮膚科でしか処方されないこともあります。

ビタミンC&ビタミンC誘導体

「ビタミンC誘導体」は、化粧品に配合すると壊れやすいビタミンCを誘導体にして、体内で酵素反応をしてビタミンCに変化します。

ビタミンCはメラニンの生成プロセスを阻害し、メラニン色素の還元作用もあるため美白に優れた成分ですが、その分刺激も強く、肌を乾燥させてしまう場合もあるので、乾燥肌の人が使用するには注意が必要です。

プラセンタ

メラニンの生成過程を阻害(予防)するのに優れた成分として有名なのは「プラセンタ」です。

「プラセンタ」は「チロシナーゼ」を抑制する効果があり、新陳代謝や血行を活発にするなど、さまざまな働きをしますが、炎症を抑える作用は持ちあわせていません。 

pagetop
ワキキレイ復活!クリームほか脇の黒ずみ解消法とことんガイド