脇の黒ずみ、もうコワクない!クリームで簡単解消法バッチリおしえます♪

有効成分をチェック

気になる脇の黒ずみを解消する成分には、美白成分や保湿成分以外にもあるってご存じでしたか?ここではそんな成分について紹介しています。

医薬部外品である「グリチルリチン酸2K(ジカリウム)」とは

美白化粧品やクリームには、さまざまな美白、保湿成分が配合されていますが、それらに並んでよく目にするものがあります。

それは、「グリチルリチン酸2K(ジカリウム)」です。

「グリチルリチン酸2K」には優れた抗炎症、抗アレルギー作用があるため、敏感肌対策用の化粧品にも使われています。

もともと漢方のカンゾウエキスに含まれている成分で、漢方薬のマメ科カンゾウ属植物の根や根茎を乾燥したものです。

実は、医薬部外品の有効成分にも指定されています。

たとえば、「グリチルリチン酸2K」は多くのニキビケア化粧品に配合されており、特に雑菌が繁殖しやすい皮脂性肌に有効とされています。

高い抗炎症効果により炎症を抑え、肌荒れを防止する効果もあるためです。

ただし、副作用がないわけではなく、摂取量が1日40mgを超えた場合、偽アルドステロン症を発症する可能性があると言われており、洗い流さない化粧品等の配合の上限は0.5%までとされています。

とはいえ、実際に化粧品で配合上限ギリギリまで配合するケースはなく、0.1%以下の配合が多いため、1日の摂取量が40mgを超すことは考えにくいので、副作用の心配はほとんどの場合ありませんので安心してください。

肌トラブルにはサクラ葉エキスも有効

「サクラ葉エキス」はオオシマザクラやソメイヨシノなどの葉から抽出した天然のエキスで、フラボノイド、クマリン配合体、プルネチンが含まれ、メラニンの生成を抑える効果が注目されている成分です。

抗炎症、抗アレルギー作用があり、皮膚炎はもちろん、お肌のピリピリやムズムズを抑えてくれる効果があります。何かとトラブルの多い敏感肌には嬉しい成分です。

サクラ葉エキスに含まれるプルネチンという成分は、イソフラボン類の一種ので、お肌を保湿しつつ、ホルモンバランスも整えてくれます。

肥満細胞から遊離されるヒスタミンを抑制し、かゆみや炎症を抑える働きもあります。

また、サクラの葉には抗酸化作用を持つ成分も多く含まれており、肌トラブルに効果があると言われています。

肌や体への刺激性は低く、毒性による副作用の心配の少ない成分なので、敏感肌の人でも安心して使うことができます。

化粧品と医薬部外品の違いとは?

「医薬部外品」という言葉、化粧品を探していたら見かけますよね。

黒ずみ、美白ケア製品にも、化粧品に分類されるものと、医薬部外品に分類されるものがあります。

そもそも医薬部外品とは、厚生労働省が許可した効果・効能に有効な成分が一定の濃度で配合されているものを言います。

効果や効能を確認されており、「肌荒れ・荒れ性」「にきびを防ぐ」「日焼けによるシミ・ソバカスを防ぐ」「皮膚の殺菌」など効果を謳うことができますが、「治療」という目的ではなく、「防止・衛生」の範囲に収まる程度のもので、医師の処方は必要ありません。

また「薬用」とは「医薬部外品」で認められている表示ですので、「薬用=医薬部外品」ということです。

たんなる化粧品と称されるものは、医薬部外品と比較すると効能・効果が緩和されており、清潔、美化、魅力を増幅させる、健やかに保つなどの目的で使用されています。

医薬部外品に認められている「肌荒れ・荒れ性」「にきびを防ぐ」「皮膚の殺菌」などの効能・効果は認可されていないため、パッケージなどで表現することはできません。

医薬品と医薬部外品は「有効成分」を記載することができますが、化粧品はその表示はできないので、選んだ商品が医薬部外品なのか化粧品なのかは「有効成分」の明記があるかどうかでも、はっきりとわかります。

もし医薬部外品のアイテムを購入したいと考えているのなら、表示を参考にして目的にあったものを選んでくださいね。

pagetop
ワキキレイ復活!クリームほか脇の黒ずみ解消法とことんガイド