脇の黒ずみ、もうコワクない!クリームで簡単解消法バッチリおしえます♪

HOME » 脇の黒ずみ解消アイテムの選び方 » 脇の美白作用をチェック

脇の美白作用をチェック

脇を白くするために必要な成分とは?このカテゴリーでは、効果的に美白するための成分について解説しています。

脇の美白作用に効果的な成分とは?

脇の本格的な美白を目指すのなら、美白の有効成分をキチンと配合したものを選ぶことが大切。

黒ずみ解消には、有効な美白成分を含む製品を選ぶことはもちろんですが、美白成分だけでは完全に黒ずみを解消できるとは言えない部分もあります。

黒ずみの原因は人によってさまざまですが、ムダ毛処理のケア不足や、紫外線、衣類や体の動きによる摩擦など、一般的に外部刺激を受けたメラノサイトが、肌の防御作用として、メラニン生成を活性化し、色素沈着をおこしてしまうからです。

ですから、本格的に美白をするのであれば、黒ずみを一時的に薄くするのではなく、黒ずみの原因を根本から解消する以外にはありません。

根本的に解消する成分を知り、その成分を原因の基底層まで浸透させる必要があります。

それらを踏まえた美白作用に有効な成分を、効能ごとにチェックしていきましょう。

代表的な美白成分とは

美白成分は2種類に分類されます。

ひとつはメラニンの生成過程を阻害(予防)し、できてしまったメラニンを薄くする(漂白・還元)する成分で、「ビタミンC 誘導体」と「ハイドロキノン」が有名です。

ふたつ目はできてしまったメラニンを薄くすることはできないものの、メラニンの生成過程を阻害(予防)するのに優れた能力を発揮する成分として、「アルブチン」、「エラグ酸」、「ルシノール」、「カモミラET 」、「トラネキサム酸」、「リノール酸」、「コウジ酸」、「プラセンタエキス」などがあり、その特徴はさまざまです。

黒ずみ対策には保湿成分も大切です

黒ずみを防ぐためには、肌に含まれる水分量も重要。ですから、保湿も黒ずみ対策の鍵となってきます。

保湿成分には、角質の保湿成分と、真皮の保湿成分があります。

角質の保湿成分には「セラミド」、「ステアリン酸コレステロール・コレステロールエステル」、「天然保温因子」などがあります。

真皮の保湿成分は、「ヒアルロン酸」、「コラーゲン」、「エラスチン」、「ヘパリン類似物質」などがありますが、これらのほとんどが真皮まで吸収されることはありません。

角質層表面にとどまりますが、肌表面を潤すので、保湿機能を正常に働かすことはできます。

このカテゴリーではそれぞれについて、詳しく調べていますので、ぜひご一読ください。

pagetop
ワキキレイ復活!クリームほか脇の黒ずみ解消法とことんガイド